こども保険はなぜ人気なのか?

こども保険とは、簡単に言うと子どもの教育費のための積立型保険のことですが、(学資保険とも言います)このこども保険、子供が生まれた家庭ではかなりの割合で加入しています。なぜでしょうか?

それは通常の銀行の定期預金にはない様々なメリットをこども保険がもっているからです。具体的には、

人気のこども保険は返戻率が高い!

保障はついてるけど、返戻率(支払った金額に対してどれくらいの満期保険金が返ってくるかの率)が低かったら教育資金の積立として適しません。しかし、こども保険の人気商品になると、最大110%前後の戻り率を持つ保険もあるのです。

保障があるだけではなく単純に資産運用としても大変高い利回りになっているのです。おまけに、こども保険は「保険料控除」の対象となるので納める税金が安くなる可能性もあります。こども保険が人気の秘密にこの返戻率の高さは間違いなくあるでしょう。

今、どのこども保険が人気かどうかは、こちらのサイトのこども保険ランキングですぐにわかります。(詳細な情報が欲しい場合はこのサイトから無料で資料請求もできます。私も加入の際に使いました^^;)

親に万が一のことがあったら以後の保険料は免除される!

ほとんどのこども保険には、保護者に万が一の事態(死亡・高度障害など)が発生した場合、毎月の保険料支払いが免除される支払い免除特約が付帯されていて、当初設定した満期保険金を受け取ることが可能です。これは、単なる銀行預金にはない大きなメリットです。

こどもの教育資金は、こども保険でなくても貯めることは可能ですが、万が一子供がまだ小さいうちに不測の事態が起こったら途中で積立ができなくなってしまう可能性は高いと思います。そんな時、こども保険だったら積立途中でも満額受け取ることができるのです。

医療保障つきも選べる!

お子様の怪我や病気、入院、通院、手術、後遺障害などに対して保険金が支払われる「医療保障つき」もあります。ただし、子どもの医療費に関しては、地方自治体から助成費用が出る地域が多いですし、医療保障をつけることによって返戻率が下がってしまいます。「こども保険とのセット」にこだわらず、実際安心&得になるプランを選びましょう。

出生の前からも申し込み可能な保険もあります。

出生前からの申し込みも可能なタイプがあるのが、こども保険。その他にも、保険金が給付される時期、払い込み方法なども各保険会社で色々な違いがあるのできちんと比較・検討しましょう。

最後に

さまざまな生活経費の中、子供の学費の抽出管理は意外と難しいです。こども保険を利用すると、半ば自動的に教育費が確保され、家計管理が楽になります。安心感や利率とは違う側面のメリットですが、ついついお金を使ってしまって堅実に貯蓄できない人にはこども保険は良い気がします^-^

また、どうしても資料請求だけではわからないことは,保険の無料相談を使って、相談してみるのもおすすめです。 私も4店舗ほど利用してみましたが、ホームページ上からではわからない保険商品の情報がわかったのでとても助かりました。